スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
男児と公衆浴場
2009 / 07 / 22 ( Wed )
猪苗代のホテルには、湖を一望できる露天風呂があり気持ちよかったのだが、今回気になったこと。

明らかに小学生の男児がやたらと女風呂にいる
たまたまそういう親子がたくさんいたのだろうが・・・男児、デカイ!
女児そして女児の親だったらイヤーな気持ちになるだろう。

体格は個性もあるので一概に言えないけど、個人的には小学生もしくは小学生に見えるような体格になったら公衆浴場の女風呂は控えるベきだ、と考える。

そんなこというと、すぐ過剰反応して
「だってーまだ一人では無理で。」
「まだこの子は幼いからー」
     一人が無理なら父親と男風呂にぶっこんでくれ。

そういうと、
「母子家庭だったら旅行行くなって言うの?」
     ハイ、仕方ないと思う。その男児が一人で男風呂行けるようになるまでガマンか、
     貸切風呂にするか露天風呂付き部屋という手もあるではないか。

関東近県と私の実家の県は「公衆浴場法施行条例」とかいうのでによると、10歳以上は女風呂にいけないらしい。(県によって違うんだって)
 #猪苗代のある福島県は年齢制限が甘いのか

しかし公衆のことなんだから、法律うんぬんより、主観で判断でなく、周りがどう思うか考えろっつーの。

1号は年長の時はすでに、女風呂は恥ずかしがってたし、すなわち既に男と女の違いは認識してるってことだ。
同様に同じ年頃の女の子だって、男の子に素っ裸を見られて恥ずかしいという思いを持つ子だっているはずだし、成長が早い子なんかは余計にそう。
男児のハハは、どうしても我が子が「ネンネちゃん」に見えてしまって「まぁいいか」と一緒に女風呂に入れてるんだろうなぁ。。。
この辺は男児のママの見通しの甘いところじゃないかと思う。

=========================
さて。
そんなわけで1号とはもう一緒に大浴場はいってまへん。
本人も嫌がる。

時々、父親が不在の時に温泉に行きたがるが「じゃあ、男風呂に一人で入って」と言うとちゃんと諦める。

そして、これぞ男児オンリーママンの特権
家族で温泉旅行に行ったら・・・一人でゆっくりニューヨーク!

はっきり言ってワタクシは極楽。
(相方は悲惨である。)

ただ、ワタクシも今はネンネの2号がいるので一人にはなれないんだけど。

よくよく考えたら、「息子と一緒に大浴場」もあと数年なんだなぁと思うと感慨深い。。。

いや、でも一人がいい。
スポンサーサイト

テーマ:男の子育児 - ジャンル:育児

00 : 07 : 18 | 猪苗代 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
猪苗代は東北だ
2009 / 07 / 21 ( Tue )
三連休は福島県の猪苗代にいってきた。

泊まったのはホテルリステル猪苗代
猪苗代と磐梯山が一望できて、
プールや温泉にアクティビティがたくさん!ということで実にファミリー向けで良かろうと。
そして、とあるネットポイントで安くなること&関越と中央の渋滞に耐えられそうになかったから。

ええ、、、予想どおり。ガキばっかり
うちの家族もガキ2名を投入してるので人のこと言えないのですが。

そして、、、従業員が東北弁!
うちの家族も北陸出身なので人のこと言えないのですが。  #富山のリゾートホテルでは一応標準語だったよーな。

おまけに天気は雨。雨だから外のアクティビティは使えず、クアハウスにガキ&ファミリーが集結。
混雑してるのに、東北弁の素朴でとろーい従業員。

なのに。

ホテル内のエステが素晴らしい189
この空間内だけはリゾートですた。
バストイレ付の個室は調度品もアメニティもホスピタリティも空調も香りもよかよか。

今回、エステ以外はピンとこなかった最大の理由。。。
東北のただの田舎=北陸の見慣れた風景

田園風景が広がる素朴な田舎、過疎のかほりもぷ~ん
豊かな自然はあれど観光地化には中途半端にしぱーい・・・って、、、まんまダンナの実家周辺

旅行でちょっと非日常を味わうつもりが思いきり人生のルーツにきた、みたいな。
時間かけて猪苗代まで行かなくても毎年味わってるよ、みたいな。。。

ワタクシ、東北方面にあまり関心がない理由がよくわかった今回の旅行ですた。。。

猪苗代1 猪苗代2 猪苗代3 猪苗代4 猪苗代5 猪苗代6

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行

20 : 32 : 51 | 猪苗代 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。