スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
2015年振り返り
2015 / 12 / 29 ( Tue )
ブログをマメに書けてなく・・・せめてもの2015年総括。

<仕事>
2015年何が変わったかといえば、2月の昇格、4月の立ち位置変更。
昨年も心身ともにひどく忙しく、、、だったけど、立場が変わったことでさらに気忙しく、物理的にもマネジメントが増えたので忙しさパネェ。とはいえ、営業部下の一人が有名な管理職つぶしの不思議ちゃんがいて苦労この上ないとはいえ、その他の部下たちが未熟な私をサポートしてくれ有難いことこの上ない。
今までより重責も感じるけどやりがいも。
とはいえ、色んな問題山積でほぼ週一ペースでの出張ですわ。
持ち前の体力と気力でやってきましたが、ついに年末最後の出張先で倒れる事態になり、やはりペースダウンも考えようと思った次第。意識してないつもりでも必要以上に無理してるんだな、と。

<プライベート>
年明け早々の昇格をきっかけに、人間関係も変化はありました。ざっくりいうと出会いが広がったかな。久しぶりに親交が復活した場合も含め。
また2015年直前くらいから「昔挫折したことに再チャレンジキャンペーン」が勝手に私の中で盛り上がり、いくつか趣味や習い事など。時間がないないって言ってるのに、さらに時間を捻出する大変さはあるものの、趣味や勉強の時間が、ストレスのある仕事から私を救っているような気もする。
物理的に忙しくなると時間は有限だということがより際立ちますな。だからこそ、無理してつき合わない。だからこそ会いたい人とはなんとしてでも会う、と自分の中の優先順位というか大切にしたい人たちも明確になったなー。私を大事にするのは私だけ、だから私を大事に考えてくれる人と時間を共にしたい、そこは来年はより一層わがままになろうと思う。うん。
ほんと、私の体力凄いと思う(笑)
しかしね、体力も有限だから、これからの半生は苦手なものを克服というより、好きなものやワクワクするものに焦点をあてることにしたい。

<母として>
2014年から自分のことに集中しすぎていたのと、受験が終わって腑抜けになったのこともあり、現在のワークライフバランスでは母としての自分の比重はすごく少ないかな。
子供には安心できる衣食住の提供を最低限提供しているけど、一緒に長くいようとか子供のために早く帰るという意識は正直ほとんどない。もしかしてこれはおかしいのかもしれないけど本音。
ただ、キメの行事やイベント参加やPTA系は外しません、優先事項だから。
来年は中学の役員をやめて、小学校の役員やるかな。
中坊は赤点一つでもあると進学が危うい節目なので、関与度を高くして、小坊はまだ受験のないのびのびした低学年を満喫させて思い切り大好きな野球に没頭させたい。

充実した2015年。でもちょっと忙しすぎた2015年。
来年はどうなんだろう、でも忙しくて心を亡くすことがないよう、一つ一つちゃんと心を入れて向き合っていきたいと思っております。

関わってくださる皆さま、ありがとうございます。良いお年を。そして来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
22 : 31 : 18 | 雑記 | コメント(0) | page top
女性活用といってもねぇ
2015 / 03 / 23 ( Mon )
ダイバイーシティなんちゃらとかで、しばしば駆り出されております。
女性活用の女子リーダー会だのマネージャー会だの。
そんで、わかったのが、私の勤務先は女性社員の比率が2割。営業部隊にいる私には実感できない少なさ!
ちなみに7500人くらいいる社員のうち、女性管理者は現在25名。えーーーそんな少なかったっけ?
来年度から30名になるんだってw
女性管理者比率の数字なんて恥ずかしくていえないから、前年度比増の数字を出すのがいいんじゃないかと思うわwww

大体、女性管理職の比率をむやみにあげたって、社員たちの納得感ないだろうし、そもそも女性自身ががそれを望んでいるかといえばそうでもなかったりする。

育児関係の制度がある程度整っている企業の社員にとっては、制度で居心地がいいので、上へ上へと望まなくなる人が多くなるのも現実。
ただ一部の上を望んでいる女性にとっては追い風なんだろうから、先輩たちのおかげでつかんだ今の状況はうえるかむでございます。

しかし、女性なんちゃらで会議してる時に現れる先輩たちって、やっぱり身近なロールモデルではないんだよねぇ。人事は良かれと思って企画してるのかもしれないが、会合すればするほどマイナスなんじゃないかと思う・・・
23 : 34 : 04 | 雑記 | コメント(0) | page top
2015年中学受験に対する本音
2015 / 02 / 06 ( Fri )
ぼちぼち最終試験も終わり、中学受験もようやく終わり。
今年は友人知人上司の子供達がたくさん受けていたり、先述した相談の子もいたりでそわそわしたもんでした。
今日は大抵の最終日で。
水曜の夜に三度目のチャレンジが落ちて中学受験を卒業した1年前を思い出しますわ。
我が身への言い聞かせもこめて印象に残ったことを。

今年は、全落ちパターン、一校のみ受験の全落ちを複数見たのでした。

結論から言うと、よほど覚悟がないならそんな受験はしないというのが私のスタンスです。
4年からいろんなものを制御しつつ走った結果が全落ちだなんて事態は避けるかな。。。
そりゃ、大人はオトナとして悟ってるし、これが全てとは思ってない。だとしたら、◯◯校しか有り得ないという選択肢しか見せないのは有り得ない。
たかだか、部外者としての学校訪問と若き10代の感想でここしかないと思わせない、かな。
受験に向かわせるためにはそう思わせるけど、そっとここも貴方にいいかも?と折れそうな翼に差し伸べる下調べと準備はしておくかなあ。
公立に行かせることに不安を感じての受験ならなおさら。
(公立中高一貫を目指すご家庭にはあてはまらないことですね)

考えて見ると残酷だよ。数年頑張った結果で合格ゼロなんて。
大人になって言える若き日々の経験の価値はあると思うけど、12歳が心から納得できるのかな。
どこか頑張りに対する評価を合格という形で第三者的にあげることが私は必要だと思っていて。
なにかひとつは合格を取らせるように作戦を考えるかな。
そりゃ子供は志望校しか受けないとかいいますよ、親はそんな子供に感動もしますよ、すごいなえらいなと思いますよ。でも所詮経験の少ない子供のこと。
自分はオトナだけど、だからこそおもうけど評価や認知欲は人の大事な欲求だと思うので。

受験の師匠が日頃おっしゃること。買ってでも落ちる経験は大事、それは全落ちを指すのではなく万全な作戦あってこそ。そして親はは万が一に備えて準備をしておくべきだと。
一校がのみに賭けているお宅は、複数回ある受験でなんとかなると思っている方が多いような印象。
そんな甘くないと思うの。模試の結果、過去問のリアルな結果見てるのかな?
ミラクルはミラクルであって滅多にないからミラクルなの。
合格率80%だってガツガツ落ちます。逆も然り。まさに水モノ。

偏差値の低い滑り止めでも、そんなに行きたくなくても合格を得た子供のパワーはすごいのだけどな。
認められたという事実から湧く力をなめたらあかん。
それでも潔く勝負をするなら。最悪の時の自分自身のメンタルと子供のケアを十分想定しておくこと。
受けいれられなかったという現実は味わったらわかるけど堪えます。。。

今年は悲しい事例複数からそんなことが印象に残りました受験。

みんな、おつかれさまでした!
終わったからの実感として、ご縁をいただいた場所がきっとベストなんだと思います。

02 : 23 : 56 | 雑記 | コメント(0) | page top
はにゃ~
2014 / 06 / 20 ( Fri )
蒸し暑くなってきましたな~
寒い日々から息吹の日々の植物にはワクワクする季節は短くあっという間にしんどい季節に。
というのも、長男の受験の終盤に目覚めたのが「生花」でして。
だんだん、生のお花がもたなくなりますなー。
夏前に旬な紫陽花や芍薬ももう終わり。

特に芍薬は大好きで。
芍薬にまつわる最初の思い出は、若い母が初めて咲いた芍薬の前で赤ん坊である私を抱いて嬉しそうにしている写真かなぁ。6月になると私の中でぐっとくるのは薔薇ではなくて芍薬なんですよねー

元々、植物栽培は好き、生け花師範の伯母にならっていたり、インターネット黎明期はガーデニングサイトの仕事もしてたこともあり、植物には縁があるのだけど虫が気絶しそうなくらいダメなのと、子育てでバタバタで植物からは遠ざかっておりました。

ところが心が弱っていた受験前の新年に、きっかけは忘れたけど啓翁桜が我が家に来て、みるみるうちに開花する様子にすっかり心鷲掴みされまして。
久しぶりに血が騒いだというか。まったり花を眺めていたりします。
生花を欠かさない生活にカムバックでございます。

サラリーマンやってるので、独身の時に利用していた不在時でも受け取り可の生花のお届けサービスを使って2週間に一度配達にきてもらったり、通信教育っぽいものでアレンジセットをお願いして見よう見真似でやっています。

とはいえ、3月にやってきた桃の花が開花したら毛虫出てきたとか、卒倒もんの虫ネタはあるので花を扱うのは思ったよりしんどいとおもう。

つまり、ちょいとしんどい日々の中で花に癒される日々が受験時期より継続しており癒されておりますが、だんだん、ちゃんとアレンジメントの技術が欲しくなりますね。うーん。
どうやって時間を捻出するか、かな。
23 : 09 : 21 | 雑記 | コメント(0) | page top
ビオトープはじめました
2014 / 05 / 19 ( Mon )
慌ただしい受験の数年が終わって、飼育趣味が再燃!
猿の飼育ですったもんだの悩ましい時期はそれどころじゃなかったのだった・・・

かつては屋内の水槽で楽しんでいたメダカ飼育。以前に家を空けていた数日で大量の稚魚をしらす干しにしてしまったことがトラウマとなり休んでおりました。
ところが。お友達んちのベランダビオトープを見て、「この方法があった!と。

にょろにょろ虫類が恐怖すぎて断念してた植物栽培もできるではないか!
ってなわけで、メダカの睡蓮ビオトープをやることにした。

まずは環境づくり。
●睡蓮鉢:風情ある陶器が定番だろうけど、軽さと表面積とリビングの雰囲気と合わせてセラミック素材の白い鉢を購入
直径44センチ、高さ25センチ
●土壌:赤玉とソイル(浄化作用あり)を3:1

生物は温帯性睡蓮を2株、カボンバ1株、浮草(アマゾンフロッグビット)3株、ウォータークローバー1株
睡蓮とクローバーは後々の処理を考えて陶器の鉢をそのまま睡蓮鉢に沈める形式にした。
水道水とカルキ抜きを入れて一週間放置。
その状態がこれ。(浮草はまだ入れてない)
bio水質づくり
バクテリア剤も投入してます。
ph値は測定していない。

【以下記録】
この状態で生体投入。白メダカ4匹、ミナミヌマエビ5匹。タナゴの夫婦。
その一週間後にさらに白メダカ2匹追加、青メダカのコドモ4匹。ミナミヌマエビ5匹追加。

ミナミヌマエビは2匹の死骸を発見しつつも残りは行方不明。

さらに一週間後に、水質を浄化する二枚貝(種類は確認せず)を投入。ミナミヌマエビ5匹投入。

アマゾンフロッグビットとウォータークローバーがどんどん増える増える。
そして鉢の壁面に緑コケも付着。ウォータークローバーを一部伐採。
睡蓮は葉だけが続々伸びる。
苔対策に友達から巻貝4匹譲り受け。
以上

陽射しが強くなり緑が濃くなって、水草がわさわさしつつも水質はとっても澄んでいる。
夜中に二枚貝がダイナミックに動いたり、水を吸ったり吐いたりしていたり、その周りをタナゴがまとわりついていたり(こいつらは二枚貝に産卵する)、メダカが寝ていたり、卵を産んでいたり、巻貝が苔を食べて綺麗にしてくれてたり。
時々エビがひょこひょこ顔を出していたり。

こんな様子をぼーーーーっと朝晩と眺めるのが非常に癒しになっています。
オット以外の我が家の男子にも大人気。

なんとなく生態系が回ってきたかなという感じ。
光合成で水草が空気をだし、バクテリアを増やし、メダカが落ちてきた餌やバクテリアを食べ、その糞や水を貝が浄化し、光合成によってできた苔は巻貝が綺麗にして・・・メダカは繁殖し。。。小宇宙です。
だけどメダカに餌をやったり水面を割り箸でつつくと寄ってくるのが楽しくて・・こんなことやってたらすぐ1時間くらいたったりして!

人生の無駄というなかれ。
楽しい癒しの時間なのだ。

夜はベランダの明かりをつけてこんなかんじ。
二枚貝がこっそり動くのをじーーーっと観察するのがマイブーム。
エビも深夜のほうが姿を現すのよね。
bio_201405n
いずれ、ビオトープの陽射し除けにするために(我が家は真南向き)ゴーヤーカーテンまでやりだした・・・大嫌いな虫との戦い、くるかな・・・


23 : 46 : 34 | 雑記 | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。