スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
TDRで愛用のホテル
2012 / 05 / 19 ( Sat )
思うのだけど、blogやFB、ツイッターなぞは習慣にしてれば書くことに抵抗なく、逆に一旦離れるとハードルが高い。
先に書いた順にハードルは高いと思う。1週間に1,2回はblog書くよう意識してみるぜー


うちは長男が1,2歳の頃は江戸川区に住んでいたのと、彼がデップ×バートン作品にのめり込んでから&TDRの奥深さに私がハマり、彼が年中の4,5歳までは月に1,2回TDRに通っていたような。頻繁な時は毎週。

その時は日帰りが主体でしたが、そのうちお泊り好きが顔を出し、オフィシャルホテルやディズニーホテル(アンバ、ミラコ、ディズニー)に泊まるようにもなり。

オフィシャルは数ある選択肢の中でもその8割は「シェラトン・グランデ・トーキョー・ベイ」であります。
今は修行の都合で、このシェラトンオンリーなのだけども、10年前からココを選んでいるのはなぜだろう、と考えてみたのであります。

多分、最初にチョイスした理由はドラマの「ホテル」だと思う。Sの曲線のホテルをロケに放映されたドラマ。「ねーさん、」から始まるナレーション、好きだったなあ!
当時は田舎に住んでたけど、私にとっては旧御三家と並ぶステキホテルのイメージだったかも。

その後数回泊まり、他のオフィシャルも経験しつつ、なんだかんだとココに戻っているのだったー。
長男の誕生日や両親へのサービスなどドラマで感じるアットホームさを体験してるせいかもしれない。(ネズミ-オフィシャルホテルはどこのホテルもアットホームであるけど。)

ここまでは個人的な感覚。今回、他のオフィシャルに比べて改めてこのホテルのオヌヌメポイントを整理ー。あ、ファミリ―視点です。

・アミューズメント、サービス施設が圧倒的多い
ジム、プールの他、幼児用ボールプールなどの室内遊具が大きい!パットゴルフ、卓球などのスポーツ施設あり。
賛否両論あれどPSPのゲームあり。ゲームセンターあり。コンビニあり。
マッサージあり、エステあり。(去年からソティス提携)、大浴場あり。
つまり天候関係なしに楽しい。

・食事種類豊富
和食、鉄板、デリカ、普通に揃ってる。
ビュッフェは種類が多いと思うなー所詮、私の経験ベースだけど、老若男女いけるので。(ただし時によって激混み)

・ゲートウェイステーション駅に近い
バスに乗る必要ないし!オフィシャルでは大きいポイントだと思う!

・大規模ホテル
800室~らしい。確かにSのはじっことはじっこを歩くと、ナマケモノの私はゼーゼーもん。
もちろん大きければいいってことではありませぬ。
でもそれだけ大規模でずっと営業が成り立ってきたということは団体客扱いにも慣れてるということでして、団体客は1Fフロア、個人は2Fフロントと運用がしっかりしているように感じています。
また各施設もキャパシティ設計がしっかりしていて、土曜の夜はありゃーなときもあるけれど、スタッフの采配も素晴らしいなーと思うことが多いなー(当社比)

以上の理由で、我が家が泊まるとしたらディズニーのミラコかシェラトンという選択肢しかないかなー

大人も子供もそれぞれ選択肢があってずっと居ても楽しく過ごせそうというのとキャパから感じる安心感。
(ミラコはプールや食事だけとはいえ、景観もいいからアリですが、シェラトンのほうがコスパかなり良し)

安心感というキーワードは、震災の時から自分の中で重要になってきた項目でして。
あの時、東京にはおりませんでしたが、西の地でしっかり混乱に巻き込まれ。当日はネットでもみるみるうちにハイクラスのホテルが満室になる中、ようやくビジホを確保したけれども何のサービスもホテルとの接点も感じられない狭い部屋で被害のTVを見ながら辛くてたまらなかった。。。
あの時こそ高級ホテル、つまりパーソナルスペース(部屋)にゆとりがあり、外人も多く利用している=世界視点での情報収集に長けていて、人の混乱の扱いに慣れているホテルに泊まるべきだと実感したのでありました。実際、翌日は別のホテルに転がりこませてもらい、その違いにそれこそ身にしたのであります。。。
今、宿泊する時は「有事の際に、ここにしばらく閉じ込めらる時になったとして耐えられそうかどうか」という質問を自分でするようになった。室料だけではないそんな判断基準が大きくなっているのだなぁ。
そうなった時に部屋は広いほうがいいし、ホテルとして広いほうが好きだし、良くも悪くも「多くの人間が動く」に慣れていそうなホテルがいいなぁ、って今は思っているのです。

当時は意識してなかったけれども、ホテルに関する思いが震災で変わっていることも気付いたり、
価値観なんてーのは「絶対的」と思われがちだけどもコロコロ変貌するものだと思うと、その都度の自分の価値観や思いを記載していくのは面白い作業かも。
てなわけで、最初の行に戻るwww









スポンサーサイト

テーマ:東京ディズニーリゾート - ジャンル:旅行

20 : 34 : 05 | 国内ホテル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
Sweet!(違)Suite!
2010 / 12 / 16 ( Thu )
エステでとろけるように身体を休め、そのままSOTHYSとロゴの入ったふかふかのスリッパを履いたまま帰った(スリッパで帰りたいとわがまま言いました。エステの後はバスローブ&スッピン&スリッパだよね)先はココ!
梅
スイートルームだお。。。
えっと・・・これはスターウッドのプラチナ会員である同行の方の恩恵。
エステ中にこのスイートに帰っておいでとメールをもらっていたのだった。
プラチナ会員は空いてればスイートにUGされるんだって!
そしてミニバーの中のドリンク類はすべて無料。朝食も無料。
というわけで、ビジホ並みのワリカン料金だけお支払しただけでプラチナサービスを享受させてもらったという。
これ以上ないお得便乗ツアーだったのである。どひゃー

・・・話を戻す。
スイートルームの名前は「梅」和風でカワユス。オンナ旅にはお似合い。
同行のプラチナ会員様は「スイートといっても低いランクだわっ」とおっさってますたが。。。へっ?
スイートに縁のない私はこれで十分すぐる。
ume住 梅ベッド

広ーいリビングルームにクローゼットも二つ。
リビングの向こうにある金屏風扉がミニバーで、プレミアム系ビール&各種お酒、つまみ、グラス類などなど格納されている。

ここにきてやっと解放感が得られたような気がした。
・・・何度かこうやってスイートを体験させてもらってるので正直これが人間に必要な最低限なゆとりなんじゃないかと錯覚するような始末。
確実に自分ちより広いっての。藁

バスはその前にお邪魔したビューバスのような解放感はないとはいえ、バスルーム自体がだだっ広いのでのんびりできた。

夜に5人で飲みながら、深夜までおしゃべりパーティしていても全然平気。

と、個人的には満足なんだが、プロから言わせるとトイレが一つしかないことや、緊急時の脱出を考えたドア開閉の向きが間違ってるとか別の視点を教えてもらう。なるほど・・・!

そんでもって、前出のツインと同様に各種電源操作ボタンがやたらスタイリッシュだけを追求した中途半端かつ反応が鈍いタッチパネルで動作がイマイチで非実用的だったことも書いておこう。
つまり、実用的なことは実用的であることが担保された上でのデザインでないと意味がないどころかマイナスである!
ホンモノを見る目をもった人たちにどうも及第点をもらえてないホテルなのかもなー。


密かにつづく。。。かもしれない。


23 : 06 : 36 | 国内ホテル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
セントレジス-敷地との戦い?-
2010 / 12 / 14 ( Tue )
やってきますた、セントレジス。

スターウッドホテルの最高級ブランドがなぜに大阪?しかもこんな素っ気ないビジネス街に?
てか、つるやゴルフの側に?なぜなのーおじいさーん的な。

結論から言うと、まさにちょっとしたが積み重なったホテルであり今回の滞在であった。
(それがまたおもしろかったのであるが)
ハード面でもサービスでも。

ハード面で言うと、所狭しと雑居ビルが立ち並ぶ一角に突然高級っぽい雰囲気が。ホテルの前だけ大阪じゃない!
しかし本町という立地上、面積が狭い。
面積が狭い分、工夫してレストランやフロントや動線を配置して。
圧迫感を感じさせないよう天井を高くして。
オブジェも雰囲気もステキなんだけど、なんだけど・・・・

狭い土地に頑張る感じって・・・うち?
(うちは無理矢理の3階建てwww)

突然、腑に落ちるワタクシ。

ワタクシ自身田舎育ちもあって、敷地面積のゆったーりしたホテルの方が好きなのかな。。。
なのでちょっと感想が偏ってるかも。

初日トピック
■お部屋
チェックイン後、友人方々が滞在していたお部屋にお邪魔する。
デラックスツインのコーナービュー
むちゃ景色がいい!御堂筋がまっすぐに一望。
midousuji
顧客ビル群が見下ろせて個人的にも痛快ですた。

なんといってもバスルームからは大阪湾が見渡せる!
ええ・・・お風呂入らせてもらいますたの。
一人でぼけーっとしたり、カポーには超オススメかと。
リピートするなら絶対この部屋だと思う。(いや、だって、スイートはフツー無理だからw)

■ご飯
初日はメインダイニングであるイタリアンで軽くランチ。
メインダイニングとはいえ、L字型で開放感は少なく、隣に所狭しとバーとくっついてて
「ぎゅっ」という感じ。
でも相変わらず天井は高く、オブジェも落ちてきたらどないしようとびびるくらいバカデカくダイナミックスさを感じんでもない。
lunch
からすみとボンゴレのパスタはめちゃウマ。
lunch3

■エステ
セントレジスにはソティスのサロンがありまして。
しわ、たるみを改善するという、要は老け防止メニューをお願いしましたとも!
リフトディフェンス2、諭吉2人分。

ここは担当者がよかったのか至福でございました。。。うとーり。
顔筋に響くマッサージ、デコルテ、首筋、頭のほぐしが最高!
もちろんソティスを豪勢に使ってくれる。
sothys
そういえば、部屋のアメニティはすべてソティスで量もたっぷりで贅沢!
最高過ぎてイビキかいて寝てしまい半分は記憶喪失である。
エステの効果?
・・・加齢の力って手強いなぁと思いますた。あはー
コリは確実にほぐれます、はい。ボディマッサージを受けた友人も褒めていたのでいいエステティシャンが数人いるのは間違いない。

トリートメントルームは10部屋はあったと思う。フェイシャルも余裕の広さ。
※座面にはご丁寧に花が散らしてありましたとさ。お尻でふみつけてしもたわよ。
sothys2
しかしながら供用スペースであるリラックスルーム、カウンセリングルーム、ロッカー室は少ないし狭いかな。
やはりこの点も面積上致し方なし?

・・・と初日感じた「縦に伸ばしてる」というファーストインプレッションをベースに書いたが、
実際は狭苦しさはまったくない。
むしろ、配置としてはうまい!と思う。

なんだかんだいって非日常をあれこれ楽しんでいたのであった。


(珍しく)つづく。。。



テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

22 : 20 : 00 | 国内ホテル | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
ママンでもお一人様のススメ
2010 / 12 / 14 ( Tue )
ああ~華麗に放置しているこのブログ・・・
なんと、パスワードを忘れかけたくらい
もう年末ですわ~2匹を世話しながらもじたばたしながら生きております。

日々じたばたはしているんだけど、働いてることもあって息子らを預けることには何ら抵抗がないワタクシ。
いや、むしろ預けてでも自分は遊びたい、自由が欲しいという。まともな親が聞いたらヒンシュク者の親かも。
(うちはだんなも同じタイプだ。)

ちょっと預ける。この事だけでいろんな時間が作れるのだ。
一人で本屋でぼーっとするとか、お茶飲むとか、友達と会うとか、出張行ったり、小旅行に行ったりとか。

子育ては数年のことというが、自分が元気で働き盛りもこの数年のことだ。どっちも満喫したい、というスタンスは変わらないなあ。

・・・言い訳めいてきたな。

で、最近のリフレッシュがコドモや家事と離れて自分の時間を持つことだったりする。
出張に行ったときホテルをちょっとイイところにするとか、週末にかけてスパと絡めたり。
長期旅行は無理だからちょっとの時間。
たかが月に1,2度のちょっとの贅沢。無理なく「ちょっと」を積み重ねる。オススメ。

・・・前置きが長くなった。

そんなわけで時々、家を脱出してるんだけど。
先日は、恐らく今年最後のお楽しみ企画!
10月に大阪にオープンした日本初の「セントレジス」にお泊まり。

しかも今回は友人というには恐れ多い旅のプロの滞在にちゃっかり便乗企画だったので、今年最後にふさわしい経験がいろいろできたんで、久しぶりにブログでもーと思った次第。

思いがけず視野が広がったり、思わぬ経験値がつめるのでやっぱり「子育てなう」でも興味の赴くまま動くことは大事だなぁと思ふ。

能書きと育児放棄の言い訳で長くなったので別エントリーでセントレジスのことを書く(つもり)。

つづく。。。

って、もう誰もここ見てないような気が・・・w


テーマ:働くママの育児日記 - ジャンル:育児

20 : 24 : 57 | 国内ホテル | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。