スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
進級おめ~
2015 / 03 / 20 ( Fri )
無事、中学二年生にはなれるようである。
数字はひどい。いまだ下から数えてのエリート族。
だけど、評点は(私立の場合、学校独自で評点があり10段階、5段階それぞれ。そして1や2だと退学推奨だの、ルールも様々)順位の割に悪くない。
やはり、アタマ悪いけど首にはしないよって感じだな。

でも、何より嬉しいのが担任初見。
担任の先生は私の一つ下の年齢で同世代。昭和のかほりがする熱血&冷酷な修造タイプで私はこれくらいの指導者が大好きで。(自分の担任だったらイヤw)
一時は見捨てられんばかりだったけど、今はくるくるパーでも成長具合が認められていることを本人も実感してるらしく。
ああ、どうかプラススパイラルのきっかけになりますように。

seiseki
スポンサーサイト
23 : 41 : 52 | 中学一年生 | コメント(0) | page top
1年ももうすぐ終わり
2015 / 03 / 11 ( Wed )
週末に息子部屋から生ごみ45リットル分、炭酸のペットボトル20本以上押収して声が枯れている私。

中学一年生の期末試験も終わり、校舎引っ越し等もあり、実質の春休みに入っている息子。
あとは終業式と成績表をもらうのみ。ドキドキ・・・

でも、成績不振者呼び出しは今回もパスしたらしい!
らしいというのは、ここのところ、私が公私ともに忙しくて息子のことを把握してないから。
期末テストの結果が50点満点ですか?くらいに悪くても彼曰く「赤点ではない」
不振者呼び出しはいつ?「もう終わった、大丈夫」
こんなレベルなのに・・・・・・ほんまか?

外部模試は成績悪いし、部活は時々親の知らない重病にかかってサボってるし、
提出物や宿題がどうなってるかなんて情報はすべて隠蔽されていて、もはや親が介入してどうにかなるレベルではない。相変わらずどうしようもないんだけども。
放置してズンドコ一学期 → 必死で関与した二学期 → オマエがんばれよーで放置の三学期

時々褒められたことだけ報告してくる。授業のノートが投薬前とは別人のように素晴らしい。
彼自身、ノートが落ち着いてとれるようになったこと、ちょっかいかけてくる子へ冷静に対応できて今ではすごく仲良しだとか、そんな話を聞いてると、親としても手ごたえはある。
成績は良くないし、一学期からの累積だと未だ特選メンバーかよ!だけど、放校になるような子ではないという感じ。
(ただしエスカレータ枠からは外れそうな脳ミソ)
いろんな先生から褒められて、彼自身がノウハウを覚えたところもあり、(普通レベルで)
投薬なしでもやれるのではないかという気持ちが出てきたようである。
この辺りは、鬼門の新学期をどう乗り越えるかも含めて判断する予定。

そんなことより。
普段はクソ仲悪い母子ですが、外食やなんかで落ち着いて会話する機会があると、愚痴はあるものの、学校の先生や先輩や同級生の話ばっかり弾丸のようにしゃべり続けているのを見ると、楽しそうだなぁとほっとする。
学校のことたくさん話したくて止まらない感じ。
一年前、この学校に行こうかどうか彼なりに悩んでいたのが嘘みたい。
なんだかんだいって、毎日楽しく学校生活を送れるってことが一番の安堵であり幸せだとおもう。どうかこの日々が続きますように。

もひとつ。中高一貫っていいいなーとおもったこと。
伝統のある部活にいるせいもあり、高校生の先輩の姿や責任の取り方を見て感じていることが、中高一貫ならではでいいなぁとおもう。社会人が30代の先輩の姿を見て学んでいるようなもんだから。
観察している彼の感想が時を経て変遷しているのもおもしろい。
親の私も高校生のお母様方という殿上人wから学ぶことが多いしね。先を知っている先輩方から学ぶこと、予習することは多いのだ。

息子の妄想であって実は不振者で呼ばれたりすることがあっても、息子が今の環境を得られたことに感謝しよう。楽しそうだからいいのではないか。
と、息子の話が全て思い込みおよび希望的観測だった場合の落ち込みに備えるのであった・・・(経験より)
22 : 40 : 31 | 中学一年生 | コメント(0) | page top
これでよかったのかわからない、けど
2015 / 01 / 15 ( Thu )
じわじわと私に問いかけるこのニュース。出たのは今月の連休明けだった。

子供に向精神薬処方増…注意欠如などで2・5倍
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150112-00050099-yom-soci

これ自体は事実のみのニュース。批判もなにもない。
このニュースをきっかけにまた批判が盛り上がるんだろうな。
そして迷ってる母はますます迷う。
ネットを検索したらこの手の投薬をする親への批判のすごいこと。
私もそれをわかっていたので息子が飲んでいる薬の名前はこちらでは書かない。

批判の対象となる副作用や子供の人格操作について。
我が家の場合は、今のところ人格が変わったような違和感は無し。
ただただ、日中に自分ができなかった集中力(普通の人にとっては人並み程度)が保てて、ノートをとったり
授業を聞いたり、テストに向き合うための切り替えができるのが楽になった、と本人は言っている。

発達医が「君が頑張ろうと思ってもどうしてもできなかったことが多くて大変だったと思うけど、この薬が君の努力を助ける力になるかもしれないからやってみようか」と息子に問いかけたのだった。
そしてその実感は確実に彼にあり。(プラセボかもしれないけどね)
大多数が挫折する食欲不振という副作用は、彼にはたまに出てきていて、お昼ご飯の時間が食べられなくて辛いという。
しかしもともとデブでもあり、薬が切れた夜はすっかり元に戻るので、
母が密かに期待していた「痩せちゃうかも!」は見事に裏切られている次第。

確かに過剰投薬はいけないし、この薬の集中力を悪用するバカ親の話も噂では聞く。
だからこそ叩かれるんだろう。
薬がいいと思っていない、できれば投薬したくない。
正しくないかもしれない。間違ってるかもしれない。
そう思いつつ、必死で子育てする母親を厳しく糾弾する世間の目は怖い。追いつめてどうする。
そもそも、全体和にはまらないコドモが弾かれがちなのもそうなんだけど。

私と長男にもこれまでの13年間の葛藤と戦いがあって今に至るのだ。
いつかこの選択を後悔するかもしれないけれど選んだのだよ。
すべての母はこんな思いで日々育児や教育をしているんじゃないかと思うのよ。





22 : 15 : 21 | 中学一年生 | コメント(2) | page top
取扱説明書
2015 / 01 / 06 ( Tue )
仕事始め。
いきなりの新年会で遅く帰った上に、長男に激しく怒り爆発が抑えきれずバトルに。
ちょうど、翌日は処方箋をもらう日だったのでお医者さまに聞いたアドバイスを備忘録的にメモ。

ーーーーーーーーーーーーーー
・発達障害の人には「虚言癖」が良くみられるとのこと。
・小さい子供のような嘘をついてしまうのは、発達障害の人にある傾向
・「ある行動」をした結果、次に「どうなるかを予測できない」ことも、発達障害に見られる症状。
・「嘘をついた」結果、その次にどうなるかまで予測できない。
・スマホを勝手に使った結果、その後どうなるか予測できない。(※昨夜の揉めたきっかけ)
・発達障害者は普段からよく怒られたり怒鳴られたりしているので、まずは嘘をついてその状況から逃げ出すことを最優先させる傾向がある。
・その場をしのぐことしか考えない。(その先を考える能力が未発達。

<今後>
・普段から、これがAという状況になったらどうか? Bという状況になったらどうか?という予測トレーニングを地道にやっていくことが大切。
・予測できない事態になるとパニックになるので、いろんな予測能力を付ける必要がある。
・勝手に使ったらどうなるか、勝手な行動をしたらどうなるか、というシチュエーショントレーニングを親子でやることが良い
・罠をしかけて、それを責めるのは今の状況では逆効果。(※そもそも私が彼を試す罠を仕掛けたわけです)
なお、トレーニングは薬の効いている時間にやらないと効果が出ない
ーーーーーーーーーーーーーー

そもそも発達障害有無関係無しに、子供に対して留意すべきことだよなーと思ったり。
そして、わかっていても、親自身がじっくり対応できるかは別問題なんだよね、そこが一番の私の問題かな。。。




テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

23 : 55 : 38 | 中学一年生 | コメント(0) | page top
重荷・・・
2014 / 12 / 22 ( Mon )
成績不振者呼び出しこそ免れたものの、実際の成績表は、ちょっとした心臓発作を起こしても仕方ないくらい一学期と同じズンドコでした。
いや、これね、私だから数秒心臓が止まるくらいで済んでるけど、フツーのお子さん持ちのママンだったらそのまま倒れてると思うよ。

同時に冬の宿題が発表。
夏休み並みにしんどい・・・夏休みは長いから抵抗なかったが、年末年始でこれをやれってか?

定番の各主要教科のオリジナルテキストは、学校のレベルにふさわしくない難度の高いもので。
百人一首の暗記
料理レシピレポート(クリスマス料理か正月料理)を英語で書け(写真必須)とか、
防災マップ作り
定番の書初め

テキスト以外は親がかりである。
百人一首と書道はだんなの超得意分野なので責任取ってもらうとして。
私の担当は英語の料理レシピと防災マップかぁ・・・

そもそもテキストだって数学は高校レベルに触ってるし、理科もわからんと本人が白旗。

自分の中高時代は親の介入が皆無だったことを考えると、やっぱり手をかけすぎなんですかねー
でも放置しておけないように、親が完了サインかかないといけないんですぅー
他の私立の友人と話しても質と量がどっこいどっこいなので標準なんだろうな・・・

そもそも。相変わらずというか、だんながいつの間にかコドモ二人連れてとっとと帰省すると決めたらしく、
ということは、私が一人江戸に残っていれば天国ライフ???ヒャッホー! と帰省する予定も決めずに喜んでたんだけど・・・宿題という心の負担が・・・

ひどいわーっ解放してほすぃ。


23 : 21 : 10 | 中学一年生 | コメント(2) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。