スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
10歳
2011 / 12 / 06 ( Tue )
ご無沙汰しております。

うちのでぶ子がついに10歳になったので久しぶりにblogにきますた。
コドモ、特に男児は「つ」が取れる時まで、という。9歳(ここのつ)から10歳になるこの半年、うちの発達遅~な愚息ですら「お?」という瞬間やステージがあがったなーと感じる時がある。

とはいえ、彼が小学生になった頃から始まり、特にこの2年くらいはどうしてもありのままの彼を受け入れられず苦しいものであった。

自分が製造し、自分が遺伝子を与えたという立場は棚にあげて、マイナスばかり目について情けなくて。
「母親は無条件に子供を愛さなきゃ」という常識を心から実践できない苦しさ。辛いのは彼本人だと思うので身勝手な発言である。
そんな身勝手な親はこの10年親として成長せず、時折、挫折や将来の不安とか悔しさなどの落とし穴に落ちてしまう。

昨日の深夜(10歳になったばかりの深夜)。
またふとしたきっかけで長男のことでブルー入ってしまった私は、その後寝室でぐーぐー寝ている長男を眺めながら、「なんでアンタは生まれてきたんだろうねぇ。。。」と万感の思いを込めてついつぶやいてしまった。
ぐっすり寝てるから聞いてないと思って。

そうしたら暗闇の中、
「地球にきたかったんだよね~」
って長男から返事がくるではないか!妙にはっきりとした口調で。
ちなみに長男寝たままである。寝た振りでもなく寝ぼけた様子もなく。

ぞくっときたわ~ほんと、怖かった。。。
でもその瞬間妙に納得した。 
そうか!やっぱりこの子は宇宙からきたのか!

で、なんだか腑に落ちたのだった。(え?)

この子は宇宙から来た私とは違う別の生物。
「つ」も取れた年齢になったし、私の意識と対応を変えないといけないのだと。(この手の反省は日常茶飯事)

ただ、昨日は不思議で印象的な10歳の始まりだったので・・・覚えておこうと思いまして。メモメモ。
スポンサーサイト

テーマ:成長の記録 - ジャンル:育児

22 : 02 : 52 | 4年生(1号) | トラックバック(0) | コメント(3) | page top
<<1年7か月経過(私的覚書) | ホーム | 1年経過(私的覚書)>>
コメント
----

おおお!更新されてる(笑)

それはアレよ、スピリチュアル系よ!w
って思っちゃった。
タマシイがどうとかこーとか、いう話じゃない?地球に来たかったていうのは本人の意識の問題でそう捉えているのであって、子供は親を選んでくるっていうじゃない?それよそれ!(うまく言えないけど)
つまり、彼はここに来たくて来たんだって言いたかったのよ。多分!(笑)

ともあれ、10周年おめー!スイートテンだわねぇ。
最近あってないからあうの楽しみよ。
by: まりこ * 2011/12/09 22:24 * URL [ 編集 ] | page top
----

おおお!更新されてる(笑) ×2

おおお~。それが「お母さんの元に来たかった」っていうと現実味ないけど、「地球に来たかった」ってなんか納得。←ひとんちの子つかまえて・・・失礼・・。

いやぁ。名言だ!!v-20

by: ぱ * 2011/12/10 17:08 * URL [ 編集 ] | page top
----

更新に気がついたレアな方、ありがとうございますw

■真理子
彼には別途「お母さんを選んで生まれてきたの?」と売れた育児本みたいなことを聞いてみたんだけど、いや別に~って感じでしたが。。。「じゃあなんでよりによって私のコドモに?」とまたネガティブ質問したら、「・・・まぁそのうちいいことあるよ」って慰められたわw

■ぱ
納得だよね。3年生の時、フライをキャッチする練習中なんかは空から落ちてくる球に向かって「宇宙から謎の物体が!これは俺様にむかってきている、勝負だ、とってやるー」とブツブツ言ってたもんね。しかも取りこぼしてるし、しかもつぶやいてること本人自覚してなくて本当に指導が大変でした・・・(今はつぶやかずにフライを取るようになった)
by: つぼ * 2011/12/10 21:07 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ryobuco.blog38.fc2.com/tb.php/101-aebff061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。