スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
新しい塾のこと
2013 / 05 / 07 ( Tue )
ご無沙汰しております。

長男、大手塾やめたってよ、その後ご報告。

同じ地域にあるとある個人塾に通っておりますよ。
御三家をバンバン出す塾じゃないけれども、それなりに成果を地元で出している塾長個人がやっているところ。

最初はぴんとこなかったし、きっと3年前の私が見ても入れなかったかもしれないな。
でも塾長の考え方をほぼ毎日書いたブログを5年分みっちり読んで、教材を見て、ここしかないって思ったのだ。
最後の砦だと。

使用している教材は、理社が四谷大塚、国語がテキストと漢字共に栄光ゼミナール、算数は完全オリジナルと計算の補助問題集とその他問題集。
どれも見させてもらって納得の質だと思う。
個人塾というと大抵は四谷準拠が多いのだけど、それって今までのやり方と変わりがないのでそもそも選択肢から排除。
でも、私的には四谷のテキストはざっと見ていいと思う、私が子供なら受け付けるというレベルですが。
日能研テキストは全教科拝見したけど私的にパス。
市販物で出している日能研の教材テキストはいいのだけどなぁ。。。
個人塾の塾長いわく、御三家専門といわれるSAPIXは実は教材がいいのだけれど販売してないようだわ。
すばらしいのは算数。
いわゆる公式ありきではなく、ひたすら図に描いて理屈で解かせる方法。
今までこの場合はこの解法でやる、、と習ってきつつもわかっちゃいない長男は解きかたから矯正中。
普通は算数は毎週ひとつずつ新しい単元を進むんだけど、今週は和差算、来週はつるかめ算、翌週は方陣算・・・といったふうに。
こちらの塾は頻度の高い重要な問題は、毎週出されたり弱いところは集中的に出されたりと、何度も何度も繰り返し出てくる。頻度100%の速さは毎週のようにちりばめられたりとか。
それは漢字社会、理科も同じで、宿題で出される漢字プリントは同じものが2枚入っていて、毎日もしくは確実に繰り返す仕組みになっているとか。
テストは大手だと毎週土曜や日曜のテストだろうけど、ミニテストが予告なくくるとか。
それも生徒が5名~10名以下だからできること。

人間とくに子供は忘れるイキモノ。大手のカリキュラムに乗れない子もいる。復習が大事。
子供にかける負荷はその子にとってちょっとしんどいくらいにとどめる。

という一貫したスタンス。

大手カリキュラムにそまっている私には不安でもあるスピードでもある。
だって今の大手塾だとそろそろカリキュラム終了だが、こっちではまだ5年生下のカリキュラムをしたり戻ったりしてるし。

でも。
本人、授業が聞いていてわかる!(と思い込んでる)と泣いて辞めた大手塾の友人に未練ありつつ、この塾とでよかったと心から話している。
とはいえ、この2ヶ月お世話になって、ひとつ全国規模のテストを受けて、またもやドン引き最低記録更新!

塾長は、
・最近慣れてきて宿題をちゃんと(手順を書く、途中式も明記、繰り返しやる)やらないでごまかしつつある彼の状態がはっきりわかったこと。

・彼は強がっているけど実は武器(解く力)がなくて実は本人が苦しいこと。

・このクセではもしどこか私立に入っても(現実には受かりそうなところがないが)勉強しなくなり、将来が大変になること。今、矯正すべきこと。大局的に見るべき。

・受験を通して家庭における親子関係の悪化。

・塾長の中では今後の指導プランは立てたけれど、彼が親に毎日小言を言われてやっているような状況をやめさせ、今やらねばならないことを自覚させることを優先にすること。

・学業期で伸びる子、社会でもまれる子のタイプがいるとして後者かもしれない。でも今、小さな成功体験を積ませておくこと。

・きつく叱ってもどこ吹く風のタイプだが、塾との「約束」「つきはなし」には初めて心動いた様子。この作戦でいってみよう。

とのこと。

ずっとお母さんがくどくどいってきても特に改善もしないわけですよね?じゃあ、もう倫理や生活以外のことは手を出さないでください。
勉強のことは全部塾でやります。
お母さんは黙ってて何もしないでください。


つまり、あんた(母のあたし)邪魔。
口出ししないでほっとけ、と言われましたのーーーー。
その結果、まったく勉強しなくてもね。

以上がGW前までのドタバタでつ。

この話合い中には、長男の万引きだの、塾友ともめて脱走だの、学校の担任への反抗など問題行動もあり、それも含めて塾長に相談していたわけですわ。
私の長男への対応がぜんぜん駄目なのはわかっているけど、セーブがきかないループにも入っていてなかなかにしんどい年度末と年度当初。
(余談であるが約7年にもわたり私のバッグサポートをしてくれていた女性が家庭の事情で退職となり、本当にしんどかった。私のニガテ分野をすべて引き受けてくれていたので)

さぁ、手出しをしない口出しをしないって実行できたのか?

長くなったので、つづく。
スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

22 : 45 : 43 | 6年生(1号) | コメント(0) | page top
<<作戦その後 | ホーム | 唐揚げブーム?>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。