スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
激ヘタレでした
2014 / 02 / 15 ( Sat )
続「コドモの姿が見えた」件。

実は息子はめちゃくちゃヘタレ野郎だった!
甘えん坊で幼いけど、外交的で人懐っこくて、いつもへらへらしてて、鍵っ子らしい逞しさがあるので、どちらかといえば無神経な鈍いほうだと思ってたのだけど。

本番まであと2か月というくらいかな。こんな告白されたんですが(笑)
・実は模試ではアタマ真っ白になる
・試験官がみんな自分を見ているような気がして気になってしゃーない。
・前の席、端の席、一番後ろの席が苦手(要は周りを人に囲まれてないと落ち着かない)

自意識過剰もいきすぎたド緊張しいの本番にめっぽう弱いデブリンチョの姿がそこにはあった・・・
だから過去問も家でやるときは良くて、塾で監視されてると点数が落ちるというカラクリ。

急ぎ対処したこと。
①1月のお試し受験をどうするか。
元々、行くつもりのない学校の勉強はしたくない!と言い張っていたけど練習のためにやらせたほうがいいのか?
受けるなら確実に受かるところにしないとまずいよね?
結局、塾長と相談して1月受験は無しとしました。
この手の子はここで失敗するとそれがマイナス体験としてインプットされて本番はさらに緊張する。
インフルエンザなどの感染リスクもあるからというのがその理由です。
緊張感をもったまま本番突入!もし最初の一回で真っ白になってももう有無を言わさぬ本番シーズン。考えている暇はない突っ走れ方式(笑)
 (我が家の地域は1月の埼玉・千葉受験が遠すぎるので、御三家層は腕試しで埼玉・千葉のトップ校を遠方でも受けるけれど、上位層は地方学校の東京試験を受ける子が多かった。中堅以下は1月受験はしてもしなくてもイッソ?本人次第かなー)

②自意識過剰状況に慣らす
塾ではひたすら塾長がべったり張り付き、過剰なくらい監視する状況を作る。その状況で過去問を解きまくらせる作戦。
最初は問題に集中もできず散々だったけど、そのうち点数が落ち着いてきたかな。
毎回、塾から帰るたびにぐったりしていた。やはり緊張ハンパなかったらしい。

③不安感のフォロー
段々と明らかに不安感が強くなった息子。
年末に入試用の写真を撮影にいったときも、撮影前はご飯が食べられないとか、撮影中に息をずっと止めてておかしくなりそうだったとか(笑)夜は子供部屋で眠れなくなったとか。不安が増したときに突然がぶり寄りされるとか。
冗談かよ?みたいな。
幼い分、不安感もストレートにこちらにぶつけてくるので、正直いうと情けなくイラッとする気持ちをとにかく抑えることが大変で。
最後2か月は仕方ないと腹をくくりましたわ。親のどちらかが添い寝したし、不安だと言われたらそーかそーかと話を聞く。いやもう、めんどくさかった。
(いつもの傷に塩を擦り付けるような言動を控えるのが大変w)

以上、模試の時のいつもあっけらかんとした様子を真に受けて失敗したという例でございます。。。

そんなに自意識過剰ならもう少し痩せてほしい。ボソッ
スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

23 : 56 : 13 | 中学受験2014 | コメント(0) | page top
<<受験関連本について | ホーム | 親と子は別の人間>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。