スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
受験関連本について
2014 / 02 / 16 ( Sun )
受験に関するノウハウ本、親としてのマニュアル本はほとんどが自己啓発本に近く、読んだ直後は「おっしゃー!」になる。実際この通りうまくいった子が大半を占めてるとしたら、みんなが高偏差値校に・・・んなわけない。

打てば響く子じゃない、自学自習ができないから悩むし、そんな子を四六時中管理していうことを聞くような子でないから上手くいかないのだ。
計算5問やらせるのにバトル一時間。間違いを指摘しただけでぐずるとか、この手のタイプのコドモの扱い方から困ってるのだ。
個人的な成長差が大きい上に、絶対的な頭の良し悪しはあるってこと。これは現実だと思う。
教育者や指導者である塾関係者などはそんなことわかってるのに、それに触れないでやればできるっていうのおかしい。
そしてコドモのレベル感に合わせたノウハウ本はない。

というのが、今回いろんな書籍を読んだ私の実感です。

そんな中で、最後まで時々読み返したものトップ3@我が家版

1.鳥居りんこさんの「偏差値30からの~」シリーズ
これは受験に踏み込んだ初期に出会った本。
大げさだよね、嘘だよ~というくらいの母のリアルな姿が描かれていて、後にこれが現実だと知る(笑)
著者のりんこさんともお知り合いになる機会を得て、それをきっかけに共に苦難を歩んだ仲間を得ることにも。
それが理由で褒めるわけでもないです。実際、切羽詰まったいろんな母の思いに共感せざるを得なくなるでしょう。
ここに書いてある母たちの姿に批判を覚えるならそれはそれでいいと思うし、実はどこか共感できるなら孤独な戦いの受験生活の支えになると思います(笑)

2.中学受験の失敗学 瀬川松子・著
どっぷりとこの世界に憑かれて破滅する母子にならないような警告本として。
受験産業から搾取されないよう気を付けましょうとして一読しておくといいかな。

3.セキ☆ララ中学受験 今日マチ子・著
イラストレーターである著者がその昔自分が体験した中学受験の漫画。
著者はJGの卒業生だけに、塾仲間もツッコマやフタバ、アザブなどすごい子たちなんだけど、受験生の心理は共感できるのか私ではなく息子が受験本番直前まで毎日毎日繰り返し読んで慰めにしてたようでした。
受験が終わった今、まったく振り向きもしないでリビングに放置プレイ(笑)
母としては著者による各学校紹介がパンフレットにはない視点でよかったです。


上記3点はお貸しします。
上記以外のノウハウ本はブックオフしようと思っているので読みたい人がいたらお譲りします。
スポンサーサイト

テーマ:中学受験 - ジャンル:学校・教育

20 : 14 : 14 | 中学受験2014 | コメント(2) | page top
<<小学生こそ勉強 | ホーム | 激ヘタレでした>>
コメント
----

都会の中学受験、恐い・・・

良かった・・田舎で。

受験って人生に何回かあるけど
ふるい落とされるって経験は
子供には酷だわ。

うちの長女も本番には異常に弱い。
昔から。
だから大学受験は推薦ある高校に
行っとけばよかったのに
正攻法でまた受験しなくちゃいけない。
センターで失敗するのが
目に見えてるんだけどな~

体調は崩すし、イライラされるし
結構迷惑。不健康極まりない。

まっ、自分で選んだ道ですから
自分でなんとかしてもらいます。

その次の年は次女の高校受験だし。

なんか受験のために生きてるみたいで
すっごく嫌だ。
なんか時間無駄にしている気がする。
もっと、楽しくて有意義な暮らしはないのでしょうか。

って子供みたいなこと言っても
ダメだよね~

私のことじゃないし
知らんわとやり過ごしたいです・・

by: なっちゃん * 2014/02/18 19:33 * URL [ 編集 ] | page top
--わかるー--

怖いよね、都会!と私も思っていたよ。
でもできる子にもできない子にもふさわしい場所があるという選択肢の多さは東京ならではとも。ふるい落としを避けるなら、その子に無理のない受験をすればいいし。
うちは兄弟が学校にはまらないで荒れてたの見てたので、なんとなく閉塞感は感じてたかな。私自身は無難に対応てきる子だったけど。w

本番に弱い子ってこともわかってよかったよ。普通にしてれば大学受験も回避できる道を選択したけどこれでいいのかはわかんない。社会人になったら毎日本番みたいなもんたったりするから。
自分で選んだ道と認識して進ませるしかないですね。

ということで、遠巻きにみてる時は中学受験に否定的だったけど、今は肯定的に捉えてます。不甲斐ない息子にいらっとしつつも。まず、公立高校受験の内申というものが自分の時から大嫌いです。

大学受験も猫の目のように変わるね。大学受験生を抱える友人知人たちを見てるとムズカシクて、わからーん。
by: つぼ * 2014/02/18 20:52 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。