スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
3年半経過(私的覚書)
2014 / 04 / 04 ( Fri )
すっかり忘れかけているけれど、次男の手の怪我の通院。
一年ぶりの診察。

すっかり怪我なんかなかったように生活しているけど、最近、運動をする際に左手を使うようになった。
ソフトボールのバッターボックスにたつとき、キャッチボール、卓球のラケットを持つ手など、
力を入れる手が左になるように変えている。

グーも相変わらずできない。チョキもできない。
右手のひらに力をかけることができないんだなぁ、と。
そして癒着しているんだろうなと思っていたのだけど、診察の結果、
小指と薬指が癒着しているかもしれないから、夏休みなどの長期休暇の間に入院・手術をしてみましょうとのこと。

日常生活で困ってはいないけど、大きくなる前、受験をするかもしれないとしたら小2か小3の間にってことらしい。

困ってないからこのままでええやん。。。とおもいつつ、いつか右手の指をもう少し使うことを彼自身が
望むかもしれないわけで。
また、今、診察してもらっている先生が掌の手術のうまい先生で、国内でもあまりいないこの領域を診てもらうに
最高である。
ただおじーちゃんになってきたので、主治医の先生がぼける前に、現役のうちに手術はさせたいなぁ・・・

またあの手術をするのかと思うとぞわっとするけれど、、、

次の診察は一年後、その時に総合的に判断したいとおもっちょります。
スポンサーサイト
23 : 01 : 34 | 一年生(2号) | コメント(0) | page top
<<覚書(補足) | ホーム | 春が目前の近況>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。