スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
取扱説明書
2015 / 01 / 06 ( Tue )
仕事始め。
いきなりの新年会で遅く帰った上に、長男に激しく怒り爆発が抑えきれずバトルに。
ちょうど、翌日は処方箋をもらう日だったのでお医者さまに聞いたアドバイスを備忘録的にメモ。

ーーーーーーーーーーーーーー
・発達障害の人には「虚言癖」が良くみられるとのこと。
・小さい子供のような嘘をついてしまうのは、発達障害の人にある傾向
・「ある行動」をした結果、次に「どうなるかを予測できない」ことも、発達障害に見られる症状。
・「嘘をついた」結果、その次にどうなるかまで予測できない。
・スマホを勝手に使った結果、その後どうなるか予測できない。(※昨夜の揉めたきっかけ)
・発達障害者は普段からよく怒られたり怒鳴られたりしているので、まずは嘘をついてその状況から逃げ出すことを最優先させる傾向がある。
・その場をしのぐことしか考えない。(その先を考える能力が未発達。

<今後>
・普段から、これがAという状況になったらどうか? Bという状況になったらどうか?という予測トレーニングを地道にやっていくことが大切。
・予測できない事態になるとパニックになるので、いろんな予測能力を付ける必要がある。
・勝手に使ったらどうなるか、勝手な行動をしたらどうなるか、というシチュエーショントレーニングを親子でやることが良い
・罠をしかけて、それを責めるのは今の状況では逆効果。(※そもそも私が彼を試す罠を仕掛けたわけです)
なお、トレーニングは薬の効いている時間にやらないと効果が出ない
ーーーーーーーーーーーーーー

そもそも発達障害有無関係無しに、子供に対して留意すべきことだよなーと思ったり。
そして、わかっていても、親自身がじっくり対応できるかは別問題なんだよね、そこが一番の私の問題かな。。。




スポンサーサイト

テーマ:発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞) - ジャンル:育児

23 : 55 : 38 | 中学一年生 | コメント(0) | page top
<<これでよかったのかわからない、けど | ホーム | さよなら2014年>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。