スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
偏差値呪縛
2015 / 07 / 24 ( Fri )
うちのバカ長男、お勉強は得意でないのでだからこそ私立でと思いつつ、受験の時は偏差値が高い学校ラブだわ、低偏差値の学校行かせて意味ない、なんて思ってました。
いわゆる偏差値教育受けてきたので、その価値観は完全に去ったとは言わないけど、
日々楽しそうに無理なく自分のままで学校生活と部活をしてて、今の学校にいたい、好きと言うのを聞いてると、高望みや親の理想に走らず、子供に合いそうな場所を見つける重要性を感じる。
大学進学もパッとしない進学校でないところにお金を出してまで私立に入れるという考えはそもそも公立至上主義な育ちな私にはなかったんだけど。
たまたま希望通りにならず、こーなっただけの割に、何人にも言われた合っていそうの意見通り、青春してます。

じゃ、偏差値価値観ぬいて、ほんとに我が子にあった学校を探して入れられるか?というと、正直わからん。
頭の良い学校、良い大学、良い就職先で走ってきた私世代には偏差値?プッ、!なんてほど突き抜けられないの。
長男はたまたま運が良かった。彼をよく知る人たちの見立てでもあり。

でも、
次もしまた学校選びの機会がきたら、偏差値以外の雰囲気や直感は侮れないってことちゃんと肝に命じよう。

なんてね。

いい大学はもちろんいって欲しいけど、毎日学校楽しく行って燃焼する若人の貴重な数年を満喫して欲しい。


スポンサーサイト
00 : 15 : 32 | 未分類 | コメント(0) | page top
<<熱い夏 | ホーム | 手術>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。