スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
怪我のこと
2010 / 07 / 31 ( Sat )
先週日曜日、2号が大ケガをした。

保育園のクラス会で、すぐ近所の親水公園で遊んでいる最中にガラス瓶で右掌下部を真一文字にバッサリ切るという重傷。

血と手の肉がもろ出ていたので即救急車。
傷口がひどくて後遺症がすぐ心配されたので、救急車の中で搬送先が決まるまで10分以上かかった。
区内の大きな総合病院に搬送されたとはいえ、日曜で若い当直の先生ばかりで対処法も治療方針も即決できず、さらに他の大学病院に搬送する問い合わせやら、レントゲン検査と待機で2時間。
長い長い時間だった。

その待ち時間に、友人知人の協力を得て、その病院の整形外科部長が掌の外傷専門で実績が多いことなど調べがついてその後の治療方針も決意も出来たのだが。

月曜に術前診察、火曜に入院、水曜に手術、金曜に退院。

5本の指を動かす10本の腱のうち9本が切れて、神経も当然切れていてそれらを繋ぐのと、奥深くに突き刺さっていたガラスを取り除くのに4時間もかかる手術だった。
先生たちには感謝しかない。
あとは1か月かけて腱をしっかりつなぐこと、神経がつながっていくことを待つばかり。その後のことは時間をかけて取り組むしかない。

手部腱損傷というのは厄介らしい。
もともとが腱、筋、神経の複雑に絡み合った部位なので。

特に、掌中央部から第二関節までの辺りは「ノーマンズランド」と言われていて、文字通り、立入禁止地区すなわち人の手が及ばない箇所で手術でつないだとしても予後回復が厳しいとか。
2号の場合は、幸いにも損傷箇所がかろうじてノーマンズランドを外していたということ、奇跡的に動脈だけが一切無傷だったという2つのラッキーが救いであった。

男児の母としては珍しく1号はケガ類に縁がなかったので、顔こそ平然としてたけど当初はパニックになりそうだった。
そして、あんなに五体満足で生まれることを願ってその通りに産んだのに、2歳にしてもしかして障害が残るようなことをしてしまったという親としての悔い、情けなさに押しつぶされそうだった。(それは今もあるけど)

後悔して自分を責めてメソメソするよりまずはできることをコツコツと。まだ2歳、就学前であるということ、今後の成長にかけつつ親としてじっくり取り組むしかないという心境でいる。

当の本人が、右手は使えないものの前のように活発で元気にしていることも救いかな。。。
過去2回入院しているせいか、点滴も術前検査一連も手慣れた様子で自らさっさと大人しく受けていたし、今はギブス腕との付き合いもうまくやっている。

各方面で物理的、精神的にもいろんな人たちの助けを得て一週間が過ぎた。
がんばりますので今後ともどうぞよろしくお願いします!
そして私も周りのみんなの力になれるよう強くならなくては。大きくなった2号にもどれだけの力を借りたか伝えていかなくては。

当面は、ケガとは別の仕事や保育のこと、1号の生活のこと、保険対応、有効的なリハビリのことなど情報収集、調整と交渉は続く。。。




<怪我の背景>

クラスの親子メンバーで近所の新水公園に集まって水遊びというイベントで、子供たちはふくらはぎの途中程度の深さのところで思い思いに遊んでいた最中の出来事だった。

ある親子が、水遊びグッズとしてネスカフェの大きな空き瓶を持参していて、2号は自分のプラスチックバケツに飽きてしまい、その子からガラス瓶を貸してもらってしゃがんで水を入れたり出したりという単純作業をしていた。

私とガラス瓶持参のママとは一緒にその様子を目の前で見ていて、まさに
「ガラス瓶、持ってきて危なかったかな」
「そうだねー、隙を見て取り上げるから瓶を隠してもらえるかな?」
と会話していた矢先の一瞬の出来事だった。

ガラス瓶をぶつけて乱暴に扱ってはいなかった、恐らく2号がガラス瓶に体重をかけたんじゃないかと思われる。そしてその瞬間に瓶が割れたのではないかと。浅いとはいえ水中の出来事で割れた音もなく、2号の悲鳴で抱き上げた時には既に遅かった。

ガラス瓶をもっと早く取り上げるべきだった、と悔いても悔いきれない。。。
※水中に残った破片は他のママたちが厳重に取り除いて二次災害は防いだ。なんせ、地域の親子が大勢遊びに来る公園でその日もたくさんの親子が水遊びをしていたので。

<余談>
●ケイタイで救急車を呼ぶ、ということを初めてしたのだが、GPS機能で居場所をちゃんと送信するとは知らなかった。。。(え?常識?)
というのは、この辺りに似たような名前の公園がいくつかあって、微妙に公園名間違えてたのですね。。。
でも救急車は迷うことなくきた。ほっ

●救急車に乗ったのは2回目。(昔、自分の尿管結石で運ばれた)救急車の乗り心地はどうしてこんなに悪いのだろうか。揺れる揺れる、ガタガタする。自分の時は痛みが増すような感じさえした。車は進化してるはずなのに、救急車は相変わらずガタガタでしたわ。







スポンサーサイト

テーマ:ある日のできごと - ジャンル:育児

13 : 25 : 21 | 2歳のつれづれ | トラックバック(0) | コメント(6) | page top
<<3歳になってま(した) | ホーム | 夏休みのヒトコマ>>
コメント
----

いや~~~ん。
途中から怖くてなかなか読み進められなかったわ~~
私なら間違いなくパニックね。
忙しい毎日の中で、束の間の子供との触れ合いの時間がとんだことになってしまったわね。
とにかく手術が無事成功した様でなにより。
手術の傷だけで済むことを祈っているわ。

毎日暑くただでさえ体調管理の難しい時期。
つぼちゃん自身が倒れないようにくれぐれも気をつけてね。
by: fontana * 2010/08/02 09:59 * URL [ 編集 ] | page top
----

■fontana

痛っ!ってかんじでしょー。
今はギブスで活発にしててなんだかずいぶん昔のことみたいなんだけど。
ジジババにヘルプしてまーす。使えるものは使おうと。
保育園も盆明けから預かってくれることになったよ!
あとはギブスが外れるのを待つばかり・・・
by: つぼ * 2010/08/03 21:37 * URL [ 編集 ] | page top
----

まあ、何かあったら言って!(←使えるものの一つとして)

2号ちゃんが無事に回復するよう、祈ってるよ。


ところで、余談についてなんだけど、
119番して普通に電話して喋ってるその裏で、その携帯がGPS情報を送信してるってことだよねえ?
ぜーんぜん、知らんかったよ。。。
by: ぴ * 2010/08/05 17:58 * URL [ 編集 ] | page top
----

■ぴ

なりふり構っていられないので、遠慮なくご近所パワーをお借りするかも。その時はよろしくね。

ケイタイで119したら、位置情報を送信する→yesかnoを選択。この手順を踏んでから音声が繋がったよ。
GPS便利ー!
by: つぼ * 2010/08/05 19:50 * URL [ 編集 ] | page top
--ご無事を祈ります--

動脈切れなかったのがホント不幸中の幸いでしたね。リハビリしながら完全回復されることをお祈り申し上げます。
by: くに * 2010/08/08 14:47 * URL [ 編集 ] | page top
----

■くに

ありがとう。そーなの。何か一つ救いがあってそれだけでも幸運だった。
再来週は金沢あたりも放浪しますよ~
お休みはいつですか?
by: つぼ * 2010/08/08 16:04 * URL [ 編集 ] | page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://ryobuco.blog38.fc2.com/tb.php/76-a4d6a741
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。